定例役員会 4月9日

 4月9日に、クリエイトホールの第5学習室で、定例役員会を開きました。
総会での、会員の意見を検討しました。
役員会の内容の開示の要望がありましたが、このブログを利用すること、パソコンを利用できない会員には、ブログを、希望によりプリントアウトする方向をとることにしました。

 病院から、毎年、寄付金をもらっている件に関しては、患者会としての独立性から問題があるのではないかとの疑問が出されました。役員会としては、支援金として理解し、断ることはないとの意見でまとまりました。ただ、患者の声を、クリニック側に伝えていくことを積極的に行う必要は、一層認識しました。

 このことの関しては、高橋会長と杉崎理事長・矢頭婦長との会談がもたれ、患者側からの要望を出させていただきました。クリニック側からも、誠実な回答が寄せられました。

 後は、今年度の会費の徴収について確認を行いました。今年度も、桑の実会・東腎協とも、会費の支払いは、2期に分割して払うこともできます。なお、東腎協単独で入会の場合は、年間5400円の会費が必要ですが、桑の実会と両方に加入の場合は、桑の実会年間3600円のほかに、東腎協は年間4000円の徴収となります。これは、両組織に入ってもらっていることに対して、患者会が1400円の負担をさせていただくためです。

 また、テレビカードを、患者会のバス旅行・お楽しみ会両方に参加されなかった会員の方にお渡しします。

 今後、患者の声を患者会に反映させるため、意見や希望がありましたら、積極的に役員に声をかけてくださるか、ブログの方にコメントしてください。

 なお、5月に野外交流会か社会見学を予定しています。

[PR]

by azumatyou | 2009-04-19 13:10 | 患者会  

<< 糖尿病患者は新型インフルエンザ... 自宅透析のDVDを貸し出しています >>