糖尿病患者は新型インフルエンザに特に注意

新型インフルエンザが、世界各地に拡大しているが、透析患者は、免疫力が落ちているので、十分な注意が必要である。クリニックでも、発熱等の症状が出たときの対応を呼びかけた印刷物を配っている。
 さて、1日に、WHOの緊急対策委員会の会見で、アメリカで重症化して死亡に至った患者のほとんどが、糖尿病や、エイズといった持病を持った人たちであることが指摘された。肺炎などの重症化のリスクが高い糖尿病患者は、透析患者にも多く、新型インフルエンザの感染予防には、細心の注意が必要だ。

[PR]

by azumatyou | 2009-05-06 14:26 | 健康管理  

<< テレビカードの配布について 定例役員会 4月9日 >>